2009年05月13日

女性編

キーボードのキー表面がかなり摩耗したので新しいのを買ってきた。

eew424.jpg

WASD死亡、CtrlとAltがそっくり無くなってしまった。お疲れ様である。


============

フルテキストはこちら


2008アメリカ命名ランキング女性編。

1 Emma フランク語、遡るとテウトネス(チュートン)語、ともかくドイツの起源となる民族のことばの要素”Ermin〜” ” Irmin〜”より。意味は"whole"とか"Universal"。

2 Isabella Elizabethから派生。ラテン語でIsabelのちにスペイン語でIsabella。

3 Emily 男性名EMILの女性形。EMILはラテン語で”Industrious”、テウトネス語で"Work"。→古代ローマの貴族の一族名(ファミリーネーム)”Aemilius”。意味は「ライバル」

4 Madison 資料によってまちまちだがMadde説が多かったのでそれを取り上げる。
・母方の姓を受け継ぐ姓で”son of Madde"が語源。「Maddeさんの子」という意味の姓
・MaddeはMaudやMagdaleneの愛称。
・Maud→古高ドイツ語のMahthildaから派生→Mahthilda= Mahti+Hildi。
「Mahti(→"might, power")」 + 「hildi (→"battle")」、「Mighty in battle」の意
・Magdalene→聖書に登場するマグダラのマリア(Mary Magdalene)が語源。マグダラはガラリヤ湖(イエスが宣教を始めた地とされる)沿いの町の名前とする説、アラム語で「塔」を意味する”Migdal”に由来するなど諸説ある。

5 Ava ・ヘブライ語のChavva(意はLife giving)よりEvaに派生、さらにそこから派生したもの。・アダムとイヴのEveより派生。

6 Olivia ラテン語のOliva、平和のシンボル、オリーヴより派生

7 Sophia ギリシャ語のソフィアより派生。意は”Wisdom”

8 Abigail ヘブライ語のAbhigayil→abh "father" + gil "to rejoice"。「(その娘の)父のよろこび、よろこびの源」より。

9 Elizabeth ギリシャ語のElisaveより、語源は旧約聖書の登場人物Aaronの妻の名、ヘブライ語Elishebhaより。意はmy God is an oath、我が主は(我が)誓いなり。

9 Chloe ギリシャ語のKhloe、意は「緑の(木の)若芽」



アメリカで一般的に理解されているとおぼしき意味

Emma Whole,Complete,Universal。すべて。
Isabella Devoted to god.神に献身的な。
Emily 勤勉な、関心な
Madison Child of Matthew.神の子の子、ということになるのか?
Ava 鳥、鳥のような。戦場の避難所。
Olivia 平和。
Sophia 知恵。
Abigail お父さんの喜び。神は喜んでいる。
Elizabeth 我が神は慈悲深い。神の慈悲。
Chloe みどりちゃん、咲子さん。


ランキングに限ればの話だが、男性名は聖書に起源し多くをヘブライ語にたどることのできるのに比べ、女性名は聖書にその由来がないものが多かった。そして女性名は資料によってかなり語源にバラつきがあった。また、その語源の語義と現在一般に認識されている意味とで違いがあるようだ。なぜそうなったのかは私ではちょっと調べがつかない。特にAvaはかなり元の意味と違っていてわけがわからなくなった。ペルシャ語の「水」を意味する語を語源とする説、ラテン語のAvis、鳥を意味する語を語源とする説があったのだが、多くの資料でAvaはEva、eveの派生として説明されていた。ちなみにEveの語源はヘブライ語Hawwah、生きる物、生けるもの、であるという。

・・・というわけで、調べてみてなかなか楽しかった。内容にはちょっとあんまり自信ありませんけど。特に女性名は資料によって言ってることがバラバラだったりしてうまくまとまんなかったです。アビゲイルといえばバスタードの神官しか思い浮かばず男性名という印象が私には刷り込まれていたのですが、意外な語源、語義でした。

使った資料は前回(男性名ランキング編)と同じ。

参考:Yeah baby
参考
Online Etymology Dictionary
Wikipedia
Etymology of Firstname(EnglishWiz内)
Biblical Names(Abarim Publications)


私の本名は音はありふれているが、字が難読でありさらに旧字。仮名を振らずにはまず読めない。故事に由来する字であるが、その読みを当てている文がなかなか見当たらなかったので語源を探るのに相当苦労した。名付けた祖父は聞く前に亡くなってしまった。



web拍手
posted by えり at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。