2010年05月19日

進化

eww289.jpg


日本全国の危険飲料ファンの皆様、お久しぶりです。


eww267.jpg


エルビーがまたしても、性懲りもなく
「ナタデココ入り飲料」を発信してきたので受信しました。
「エルビーナタデココ夏みかん」
今回のテーマは夏ミカンです。
また性懲りもない味なんでしょうか。

それではテイスティング。


・・・ごくごく。


・・・っ



改善されている!!!!



ついにエルビーは、

・ナタデココがストローにつまりまくる
・粒が小さくてセコく、ナタデココの食感が楽しめない

という、「ナタデココ入り」の欠点を、
私の知る限り3作の商品開発を経て克服しました。

ストローに詰まらないようにするには、
ツブをさらに小さくするかナタデココの柔らかさを変えねばならないならない、
しかしそうすると、ナタデココの食感がまるで頼りなくなってナタデココを入れるメリットが薄くなる・・・

というトレードオフな課題を乗り越えました。
実際にどういう解決をしたのかは不詳ですが、
ストローにツブが詰まらず、ナタデココの変態な食感も楽しめるようになっています。

もっとも簡単な解決法はおそらく「ストロー径を太くする」だったと思いますが、
それだと専用のストローを付属せねばならずコストが上がってしまいます。
コンビニで配布されるストローは太さがマチマチですし。


ではどうやって解決したのでしょう・・・

もしかすると、ナタデココの粒をみかんの顆粒に似せた形に成形し、
縦長にすることで、ストローで吸引したときにはストロー径をすりぬけ、
口に入ると縦長にして幅広になったぶん、歯に当たりやすくなり、
食感が楽しめるようになったのかも知れません。

もしこの仮説がその通りだとしたら、イノベーションでしょう。


難点は、やはりナタデココにコストがかかるのか、
味自体はジャンキーなこと、また、ナタデココが吸いやすくなっているため、
含まれる全ナタデココがジュースがなくなるより早く失われてしまい、
残り1/3ぐらいで、単なる夏ミカンジュースになってしまうことです。

ここにたどり着いたのなら、あなた方のすべきことは、
リッチな果汁とリッチなナタデココによる、
最高のナタデココジュースを作ることです。
エルビーさんのドリンクは量に対して価格が安くお得感が高いのが
特徴ですが、違うアプローチからも開発に着手すべきと感じました。

これから盛夏を迎える今がそのときといえましょう。



web拍手
posted by えり at 23:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。