2010年06月13日

091107

よりぬきえりちゃん 2009年11月7日
「i」



\(o⌒∇⌒o)/ えりちゃんのiPhone アプリ紹介 \(o⌒∇⌒o)/

えりちゃんのiPhoneに入ってるアプリを紹介するよ!!


eww073.jpg





web拍手
posted by えり at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

090917

よりぬきえりちゃん 2009年9月17日
「Slade」




MP3のタグ付けにハマってたら深夜になってしまった。

Slade、というバンドのアルバム名に
「Old, New, Borrowed and Blue」というのがある。

直訳だと「古いもの、新しいもの、借りたもの、青い(もの)」だが、
意味を調べてみると、どうも欧米の古くからの言い伝え
「結婚式で花嫁が幸せになるために用意する4つのもの」
からきているらしい。


それはわかったが、このアルバムの日本盤タイトルは

大狂乱スレイド一座


となっている。なぜだ。


======


ヒット集みたいなコンピアルバムを根気よくタグ/アルバムアート付けして、ituneで開いてみたら壮観だ。



web拍手
posted by えり at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

091001

よりぬきえりちゃん 2009年10月1日
「愛」


ラブプラスをやっているんだが、プレイ中、無性にこっぱずかしくなったり
むずがゆい気分になったりして、どうにも平静を保っていられず、
とりあえずDSを床にバチーンとたたきつけたい衝動に駆られるときがある。

このままではいずれ本当にDSを壊してしまいかねないので、
DSと一緒に「はだしのゲン」を手元に置いて、ラブに耐えられなくなってきたらそれを読み、
ゲンの過酷な生きざまを胸に響かせつつプレイすることで、どうにか精神の均衡を保っている。
青春のときめき マイナス 被爆体験 = ゼロ。
エリさんお得意のプラスマイナスゼロ理論。
ラブをプラスしなければならないゲームのはずなんだが、
マイナスしなければとても正気ではいられない。

さもなくば、このおっさん気がくるっとるぞ状態になってしまう。

ジャンジャン ジャガイモ サツマイモ! ウワーン



web拍手
posted by えり at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

Honey-Comb

私は規子ちゃん派だ。


何の話かって


eww349.jpg

「ハニカム」の話です。

昨日1巻を買って読んでみたら結構気に入ったので
続きの2〜4巻をまとめ買いしてきました。

で、さっき読了。

OMG・・・
アーー、イット ワズ、イット ワズ ア・・・
ベリ アドラボ マーシュマロクキー ロマンチック コメディー

思わず怪しい外国人のフリをしてしまうほど
可愛い話満載で、萌え死んだ。



web拍手
posted by えり at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

iTune


ノルウェーのアレクサンドリャの歌が頭にスタックして離れないので、
思わずiTune Storeでポチってしまった。

うーん。やっぱりこの歌はあの絵あってこそだなあ、
と思った。

MadoconのGlowも買ったが、これは聴いていると胸が熱くなる。

ギリシャのOpaもずっとスタックしているが
これは売ってない。あのPVはよく見るとすげえカッコイイ。



web拍手
posted by えり at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mellow Peach Tea

eww347.jpg


eww346.jpg


リプトンブランドは紅茶飲料界に
カロリーオフと人工甘味料を氾濫させる
巨悪の根源として個人的に忌み嫌っていたが、
これを飲んだら少し考えが改まった。

ちゃんと紅茶の味がするし、砂糖の力強い甘さもあるし、
ピーチ果汁のリッチさもある。

矢継ぎ早に投入されるリプトンの
●●ティーシリーズは、
フルーツフレーバーが紅茶の味を膨らませるというより、
原料のフルーツ固有のアクや臭みを消すため、
あるいは香料の安っぽさを誤魔化すために
調味として紅茶が用いられているような感じで、
本末転倒、紅茶を飲んでいるという感覚からはほど遠く、
どれもあまり好きになれなかった。
一度飲んだら、二度と飲むことはないような
ものばかりだった。

しかし、これだけは違う。
口に含んだ瞬間にスリランカの風景と
中国の仙人が嗜むという桃のイメージが
走馬灯のように頭を駆け巡って行った。
いつの日かもう一度味わいたい、と
思わされる魅力的なテイストだ。


まあ・・・いつものように
適当なことを言っているわけだが・・・


だが、これだけは信じてほしい。
こいつはあの変紅茶を出し続けるリプトン(森永)の
「ちょっとお高めのカップカフェラテが
コンビニで売れると言うなら俺たちもやる」
という気概の発露だ。十分手に取る価値はある。

ともかく、今後のシリーズに期待しよう!!


======


今日の二次元。
心が迷ったり、荒んだり、疲れたり、漂ったりしたら、
二次元に行こう。

eww348.jpg


なんとなくな感じで店頭で掴んで買ってきたが、
読了してみたら結構なごんだ気分に
浸れたので、続きを買ってこようと思う。



web拍手
posted by えり at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ラムネ


海外のドリンクレビューを読んでいて、
日本の「ラムネ」に関する記事を見つけた。

ラムネ瓶の口のあたりにある、
くぼみは何のためにあるのか、
よくわからない、for no good reason.

と。

そう言われてみれば、なんでだかよくわからない。
察するに、栓であるビー玉がビン底に落ちないように、
ではないかと思ったのだが、別に落ちても構わないといえば
構わないのである。


で、調べてみると、


あのくぼみにはちゃんと意味があった。

ラムネのビンの栓はビー玉でするのだが、
あの玉の入った瓶に炭酸水をいっぱいに充填して、
すかさずビンをさかさまにすると、
玉がガスの圧力で瓶口のゴムパッキンに
押さえつけられて栓になる。

瓶をひっくり返す際に、できるだけ早く
瓶の口に玉を落とすために、あの位置に
くぼみ(ビー玉止め)が設けられている、
のだそうだ。

あのくぼみがなければ、
ひっくり返した時に栓ができるまで、
相当な量の炭酸ガス・中身が漏れてしまうことになる。

そういう仕組みらしい。


ラムネの瓶は瓶に玉を入れてから口を狭めて作るのだそうだ。



web拍手
posted by えり at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanilla Macchiato

eww345.jpg

「マキアート」というのはイタリア語で「しみのついた」
という意味らしい。
「カフェ・マキアート」はエスプレッソに
スプーン一杯のミルクで「しみをつけた」ものなのだという。

マキアートって一体全体、おまえは何を言ってるんだ? と
ミルコ・クロコップ並みに疑問に思ったとしても、
すぐに答えに導いてくれるインターネットは素晴らしい。


eww344.jpg


意味を知っていると通っぽい、
なんとなく格好よさげで
大人っぽい語感が漂う「マキアート」だが、

この「バニラ・マキアート」は
カフェラテの中にバニラアイスをブチ込んでみた、
という非常に大人げない飲み物で、

実際に原材料名には「アイスクリーム」と
堂々と表示されている。


では、テイスティング。

ごくごく。


・・・っ


おいし〜。

レシピは大人げないが、味わいは大人っぽい。
どっしりとしたエスプレッソのコクと苦味が
甘さを抑えていて、後口にバニラの香りがふんわり残る。
この手の飲料の割にはコーヒーの味わいが
かなり強く本格的で、「ただのコーヒー牛乳じゃねえか」と
思わず突っ込んでしまうような「なんちゃってラテ」
とは一線を画している。
なんちゃってラテやオレオレ詐欺に絶望している
ラッテエンスーシストにはぜひ手に取っていただきたい。


このシリーズは絶賛多発で困ってしまうが、
実際に美味しいので仕方がない。



web拍手
posted by えり at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日



「心が迷ったなら・・・」


「心が迷ったなら、二次元に行くのはやめなさい」


「もう迷っちゃあいない・・・」


eww343.jpg


そんなわけで今日も
「表紙が気に入った二次元を迷わず買う」
「ただしアニメ化などで有名になってないやつ」
「エロ禁止」
という謎のルールを設けて二次元祭りを敢行。

・じょしらく
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
・テルマエ・ロマエ

いろいろとカッとなって3冊もわしづかみにしてきた。
えへへ。


リアルに妹がいるので妹属性には
いまいちピンとこないんだが、
まあ、それとこれとは話が別だ(どれ?)!!



web拍手
posted by えり at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tomato Soup flavor

eww342.jpg

日本全国のリコピン・ファナティックな皆さん、こんばんわ。
「リコピン」ってなんだか可愛いね!

そんなわけで、今日ご紹介するのは

eww341.jpg

「やさいしぼり トマトと香味野菜スープ仕立て」です。

私はトマトジュースが飲めません。
このあいだ「おとなになった今なら飲めるかも知れない」
と思い立ち、25年ぶりぐらいにトマトジュースを
口にしてみたんですが、ダメでした。途中でギブアップ。

だのに買ってしまった。なぜだ。なぜなんだ。
「ジュースはダメだが、きっとスープなら、
スープならなんとかしてくれる!!」
そんな期待感からかも知れません。


では、勇気を出してテイスティング。


ちびっ・・・ぐいっ・・・


・・・っ



ごめんなさい・・・やっぱりダメでした・・・。
3口でギブアップ。


ど、どうなんでしょう。
たぶんトマトジュースが好きな人の間では
好評なのかも知れません。

「スープ仕立て」ですが、
スープというほどに調理が
なされてるわけではないようで、
ベースのトマトジュースはそのままで、
それに煮込んだオニオン、セロリを
ブレンドした、という飲み物の模様。
正直なところトマトジュースに
玉ねぎとセロリをブチ込んでみた、という
チャレンジングな風味で、
トマトを煮込んでスープにした、という
ミネストローネ風を想像していると、
良かれ悪かれショックだと思います。


冷たいから違和感があるんじゃないか、
と思って温めて飲んでみたんですが、

これは明らかに冷たくして飲むのが前提ですね。
冷たいからこそ引き立つ塩味が、
温めるとおだやかになり過ぎてしまって
アンバランスな印象です。


結局、これは1/4も飲めずにギブアップです。
危険飲料といえますが、前にも少し書いたとおり、
野菜ジュースは「栄養」が第一で、
ただ口福を求めるのとは少々わけが違うので、
ノーカウント。



web拍手
posted by えり at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

091115

よりぬきえりちゃん 2009年11月15日
「MW2 Gameplay4」


Special Opsを遊んでみた。

これはシングルキャンペーンの主なコンバットパートを切り抜いて、
それぞれのシーンをCoop(あるいはシングル)で遊ばせるモード。
シングルプレイ中のマップを流用しているものが多いようだが、
このモードオリジナルのマップもある。

Coopの各ステージには何種類かの異なった目的が用意されている。たとえば、
・一定のポイントに留まってWAVEを撃破していく
・マップ内に配置されている敵全員を殲滅する
・敵を排除しながら一定距離を進軍する
・ステルスで移動し、特定のポイントまでたどり着く
とか。


シングルキャンペーンの流用が多いようだが、
中身をそのまま持ってきているわけではない。
たとえば、ブラジルの市街戦のステージ(SingleのTakedown)は、
民間人を殺さないように、敵を全滅させる、という内容だが、
敵の配置や数はシングルの同一シーンとは異なるし、
犬が出てきたりもする。

敵の配置は毎回同じか、いくつかのパターンなのではないか、という感じがするが、
AIがダイナミックなので、必ずしも毎度同じ展開にはならないのではないか? と思う。
繰り返しのプレイを前提とするCoopでは、ひとつ最良の攻略法パターンが発見されると、
プレイスタイルがそれに固定されてしまい、リプレイ性がダウンしてしまう、
というのが一番の心配事だが、このSpecial Opsは多少の幅はあるのではないか、という感じ。
でもあくまで若干のランダムパターンと
それに応じたAIのダイナミック性に依存している、という様子。

また、Veteranでステージクリアすると
IWのそのステージの最速クリアタイムが開示されるので、
とりあえず一通り終えても、それに挑戦するという楽しみが残されているのではなかろうか。


CoopはFriendをInviteしないと遊べないのでまだ実際にはプレイできてないんだけど、
シングルで遊んだ限りではそんな印象。
ステージ数は多く、おそらく25個。1ステージは5分ぐらいで終わるようになっているようだが、
全部Veteranでのクリアを目指すとなると、相当の時間を潰せると思う。

VeteranでO Cristo Rendetor(先述の市街戦)のクリアに挑戦してるんだけど本作でも犬は最強伝説。
Regularでは犬に襲われても一回の猶予(2回噛まれるとダウンさせられ、おなじみのQTEになる)
があり、ダウンさせられても連打がある程度許容されるようになっているが、
Veteranでは、前作MW1と同様、一回絡まれてボタンのタイミングを
外すと終了のお知らせ。ボタンを間違えてもNG。
わんわんお!



コメント:



pos:でもやっぱりMOHですよね


えり:MW2に比べたらMOHかも知れません。
ひとくちにMOHといってもたくさんありますが、
・真昼に 踊る 犯罪
・牝奴隷 犯された 放課後
・美香がんばる おしえて Hなおべんきょう
私は一番下がいいと思いますね。



pos:「おべんきょう」がひらがなで
記載されている場合は鉄板ですね。



えり:おべんきょう、おるすばん、おしおき、おねだり、
などがタイトルに記載されている場合は
とりあえず絵柄をチェックさせていただきましょうか、
ということになるのが一般的ですよね。
おもらし、は応相談。


pos:おにいちゃん等も鉄板ですね。
ところでL4D2は買いま…スン?


えり:おにいちゃんは鉄板過ぎます。
L4D2は予約済みでプリロードもおわってます。
まさかまだ買ってないんじゃ・・・ハァハァ





※「MOH」は「Medal of Honor」というゲームで、
記事のModern Warfare2の先祖みたいな戦争ゲームである。

登場人物紹介:posくん→別名ジュンジ(本名)
無類のエロゲーコレクターで、平城京にposくん在り、と
その変態性を恐れられていた人物だったが、先日結婚。
かつて最強の二次元人とその名を轟かせていたが、
知人中で、二次元を一番乗りで離脱したので顰蹙を買った。
おめでとう。




web拍手
posted by えり at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Healthya Sparkling

eww339.jpg

日本全国のフレッシュ体脂肪率100%な皆さまこんばんわ。


本日ご紹介するのは

eww336.jpg

「ヘルシア スパークリング」です。


正直、飲む前から味が予想できてしまううえ、
残念なことに189円とアンハッピーなプライスなので
今まで手を出すのを躊躇していたんですが、
近所のコンビニで手に入る怪しいドリンクは制覇してしまい、
残弾がなくなってしまったので、買わざるを得ませんでした。

それに体脂肪とか全然気にしてないしね〜・・・
ていうか俺から体脂肪をこれ以上燃やしてしまったら
骨と皮だけになって死んでしまうかも知れない。


そんなアンニュイな気分になりながらもテイスティング。

ごくごく。

・・・っ


やっぱり予想通りの味。一口目までは
もしかしたら、予想を裏切る大惨事が期待できるかも知れん、
と思っていたのですが、まあウマくもマズくもないという
ふつーの感想しか思い至りませんでした。

そもそもが、カロリーや体脂肪を気にして
口福な飲料を避けている、という人のための
代替品みたいなドリンクなので、
期待も何もないわけですが・・・

果たしてヘルシアは本当に痩せるのか?
という疑問をネットで調べて見聞してみると、

「高いからお菓子を買わなくなるので痩せました」
「ヘルシア飲んで痩せよう、
という心掛けのおかげで間食しないようになりました」
みたいな、なんか結果オーライ風味な話になってました。

本当に痩せたと実感する方もいるみたいですが、
「痩せません」とする人の方が多い印象です。


この「ヘルシア スパークリング」は
かなり売れている商品みたいです。

炭酸飲料は飲みたいが、体脂肪は気になる

カロリーオフな上に体脂肪を消費しやすくなるんだって

飲むしかねぇな

みたいなサーキットになっている模様。


で、
フレーバーに対して率直に述べると、
味は痩せているのに、後口に甘味料の甘みが
べったり残ります。かなり残ります。ずっと残ります。
引くほどまずくもないですが・・・


体脂肪を気にしない人は、
普通に口福を求めたほうがよろしいでしょう。
ドント ドゥー ディス。



====



eww338.jpg


やっと手に入れました。
今日、ジンボーチョ〜の三省堂で
一冊だけ残っていたのを幸運にもゲットできました。
二週間以上前からほぼ毎日書店に足を運んでは
探していたので、心底うれしい。

あすなちゃんの作中での扱いは割とひどいもんだが
正直あすなちゃんは嫁に欲しいです。
あすなかわいいよあすな


webサイトには単行本にはまだ未掲載の作品も乗ってます。
最新の21話は本当にひどい(笑)

http://yuik.net/man/404.html



web拍手
posted by えり at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

090823

よりぬきえりちゃん2009年8月23日
「TEST3」



今回は通貨です!


eew923.jpg




eew922.jpg



ノートにラクガキをしてる時間のほうが圧倒的に長い



web拍手
posted by えり at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

090822-2

よりぬきえりちゃん 2009年8月22日
「TEST2」



日本地理編にも挑戦だ!!


み、みんなもやってみよう・・・!!!1122
我ながら字が汚くて設問が読めなかったので今回は打ち出しにした・・・



eew913.jpg



eew914.jpg



eew915.jpg



eew916.jpg



eew917.jpg



eew918.jpg




eew919.jpg


eew920.jpg





これ常識な・・・の・・・?
もしかして私かなりヤバい・・・?





web拍手
posted by えり at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

090822

よりぬきえりちゃん 2009年8月22日
「TEST」
※就職活動真っ只中だった頃、
入社試験に備えて勉強(一夜漬け)してた記録




ネットのSPIの問題集、「世界地理」をやってみました。

みんなもやってみよう!!!!11122




eew906.jpg


eew907.jpg



eew908.jpg



eew909.jpg



eew910.jpg



eew911.jpg



eew912.jpg






(((;TдT)))



web拍手
posted by えり at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

090523

よりぬきえりちゃん 2009年5月23日
「cz」


チェコの踊りや民族音楽は一体どんな世界なのか気になったので少し眺めてみた




なんかオラ息が荒くなってきたぞ




どうも天国に迷い込んだようだ・・・




(*’д`*)





いい声過ぎるw


飽和気味の日本のメイド喫茶は一部廃業して
チェコ喫茶にすべきといえましょう



web拍手
posted by えり at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eurovision2010


すっかり忘れていたが、
先週はEurovision2010のFinalが開催されたのだった。
結果をYoutubeで見る。

優勝はドイツだったのかぁ〜・・・



お姉ちゃんは可愛いけど、歌も映像もとりわけ面白くない。


ていうか、去年の優勝者、
ノルウェーのアレクサンダーがいろんな意味で凄すぎた。



古臭いメロディーに乗ってバイオリンを華麗に引きながら
美声を轟かせるノルウェイジャン的郷ひろみ、
その後ろで炸裂する謎の三人組のコサックダンス。
これほど豪華な意味不明ステージはなかなか見られない。最高。


EurovisioはEU各国・EU経済圏の国がこぞって毎年やってる
音楽大会みたいなもんで、各国のお国柄が出たミュージックビデオや
ライブが見られるおもしろフェスティバルである。
(その年の優勝国が次の開催国になる。来年はドイツ)

今年の開催国は、昨年の優勝国ノルウェーで、
首都のオスロで開催された。

ノルウェーといえば鮭ぐらいしか思い浮かばないので、
インターバルではステージに鮭が大量に溯上してきたりするのかなあ
とか勝手に想像していたんだが、



↑実際はノルウェーの(たぶん)代表的なダンスユニット
「Madcon」のパフォーマンスに乗せて、
参加各国が中継映像で繋がってライブで
各国民が集合ダンスする、という凄まじいものだった。
いいな〜。こういうの見ると嬉しい気持ちになります。
少し涙が出ました。EUが羨ましい。



ちなみに去年はロシアで開催され、インターバルでは
ロシア軍の唱歌隊と鼓笛隊、そしてTatuと
Mig(戦闘機)とT72(戦車)が共演するという
前代未聞の舞台が開陳された。



↑圧倒的。さすがロシア。だてにピロシキ食ってないんである。


去年Gypsy.czでセミファイナルに進んだチェコは
個人的に期待していたんだが、
今年は「視聴者の興味を引かなかったため」出場辞退。残念。
チェコはEUへの加盟が遅かった国で(2004年)、Eurovisionへの
参加も遅かった。初参加予定だった05年はTV局の都合で出場辞退、
06年は予選落ち。07〜09年はセミファイナル止まりだった。



↑昨年のチェコ。奇抜な格好でかなりシュールだが、
聴いているとなぜかクセになる印象的な歌。

ふざけた感じの風体だが、歌の中身は
「俺たちは(歴史的に蔑視されてきた)ジプシーだが、
それがどうした、俺たちのことを理解したければ、
ジプシーミュージックを聴くんだよ」
というような熱いメッセージである。



まだ全部見てないんだけど、とりあえず




ダサカッコいいリトアニアと、




イントロと本編のギャップが凄いギリシャがオススメ。
曲が始まった瞬間に脱力、思わず笑ってしまった。
後半はかっこいいけど。




web拍手
posted by えり at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

Season's best



eww335.jpg


ドライなシェリーにちょっと誘われた皆さま、こんばんわ。


本日は恋のアペリティフ
eww334.jpg

「トロピカーナ シーズンズ ベスト」をご紹介します。


前ふりがわかっちゃった人は
もう結構おじさんおばさんだと思うので
知らないふりをしましょう。


えーテイスティング。


ごくごく。


・・・っ


まあ普通に美味しいです。
マンゴーとパイン、グレープフルーツ、
パパイヤの果汁のミックスですが、
マンゴーとパインがやや支配的です。

手堅い組み合わせで美味しいんですが・・・。

これだけマンゴーフレーバーが多いと
飽きてきますね。マンネリ化しています。
マンゴスチンの領域に踏み込む
猛者の登場に期待しましょう。



web拍手
posted by えり at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nectar


eww333.jpg

日本全国のネクター教信者の皆さま、こんばんわ。

本日は、我が主の慈愛の涙と言い伝えられるネクターの上位版、

eww332.jpg

「不二家ネクター こだわり白桃」をご紹介します。


「ネクター」とは「神の飲み物」を意味していました。
ギリシアの神々が、「美貌の維持と不死の秘訣として飲んでいた飲み物」で、
語源はNek-Tar、Nek(Death、Kill)+Tar(Overcoming=征服)であり、
(ネクはネクロマンサーとかネクロポリスのネクですね)
すなわち「死を克服する」というところからきています。
神話のNectarは、特に何の果実だったかは不明です。
一説に、神話におけるネクターは果実の汁ではなく、
蜜の類だと推察されています。

17世紀初頭に、英語におけるNecterは「花の蜜」を
意味するところとなりました。
現代でも、Nectarの第一意は、
「ハチや鳥が集める植物の(とりわけ糖分の多い)甘い蜜」です。
「美味しいジュース」の意は第二意か三意として定義されています。


・・・なぜ、ネクター=桃なのでしょう。
桃がネクターの代表的フレーバーになったのは、
日本で最初にネクターとして名づけられ、
販売され成功したのが桃のネクターだったから、
というのが、基本的な考えですが、
以下を考えると何がしか歴史的因果を感じざるを得ません。


桃は中国が原産で、
少なくとも紀元前1000年以前から知られた果物でした。
ヨーロッパへは中国からペルシアを経由して伝播。
紀元前330年ごろ、アレクサンダー大王の遠征の際に発見された、
とも言われています。
「Peach」というのは「ペルシャのリンゴ」という意味の古代ギリシャ語に由来しています。

桃の近縁種に「ネクタリン」があります。
長らく桃(果皮に産毛のある普通の桃)とプラム(ハタンキョウ)の
交雑種と考えられていましたが、近年になって、
桃の突然変異種であることがわかりました。
ネクタリンも桃と同様のルートを通って
ヨーロッパに伝播したようですが、
桃ほどにはっきりとした記録がありません。
17世紀ごろ、ドイツで「ネクターのごとき桃」という単語が現れ、
それがネクタリンであり、その語源でもある、という説があります。


このあたりのところに、桃⇒ネクターの因果がありそうですが、
残念ながら私にはこれ以上は辿れません。




そんなわけで、テイスティング。

ごくごく。


・・・っ


やはり神。
不二家ネクターをさらに濃厚にした感じですが、
「Gokuriピーチ」のように果肉の繊維感を少し出すとか
迂闊な失着を打ってません。純粋に「よりリッチ」です。

不二家ネクターは、果実のリアルさを理想としていません。
桃のいい部分だけを抽出して、
本物より本物らしい、そして本物より美味しい
フレーバーを編み出しているのです。
とろけ具合も、本物の桃がもし、
このぐらいとろけていたとしたら・・・
みたいな夢であり希望です。
ネクターは本物より本物、
まさに夢を体現したかのようなドリンクなのです。


どうやって「ネクター」は製造されているのでしょう。
ちょっとネクターのテクノロジーに触れてみましょう。
「ネクター」は水溶成分と不溶成分が混在している飲料ですが、
ふつう、不溶成分、つまり水にとけない成分(繊維質・果肉など)は、
時間が経過するごとに沈殿してしまいます。
水に溶ける成分と溶けない成分が均一に分布していないと、
おいしいネクターにはなりません。
そこで、「ネクター」は一般的には高圧ホモジナイザーという
マシーンを使って、成分を超微細化して、
混濁度を上げて沈殿を防いでいます。
原料を高圧に加圧して、スリットから押し出し、
スリットをすり抜ける際の裁断力でもって、粒子を細かくします。
高圧ホモジナイザは超高圧ミクロところてん製造マシンといえましょう。
液体の粘度は高いほど、成分の粒子は小さいほど、沈殿が遅くなります。
また、沈殿防止にはさらに増粘安定剤も用いられます。
不二家のネクターはより複雑で独自な製造法をしていると想像しますが、
概ねこれが基本の原理と思われます。


後にも先にも、リアル果実を超えるドリンクは
このネクターを置いてほかにないでしょう。
まさに神。



web拍手
posted by えり at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

風邪



本当に熱が出てダウンしてしまった。


eww330.jpg



web拍手
posted by えり at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。