2010年06月08日



「心が迷ったなら・・・」


「心が迷ったなら、二次元に行くのはやめなさい」


「もう迷っちゃあいない・・・」


eww343.jpg


そんなわけで今日も
「表紙が気に入った二次元を迷わず買う」
「ただしアニメ化などで有名になってないやつ」
「エロ禁止」
という謎のルールを設けて二次元祭りを敢行。

・じょしらく
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
・テルマエ・ロマエ

いろいろとカッとなって3冊もわしづかみにしてきた。
えへへ。


リアルに妹がいるので妹属性には
いまいちピンとこないんだが、
まあ、それとこれとは話が別だ(どれ?)!!



web拍手
posted by えり at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tomato Soup flavor

eww342.jpg

日本全国のリコピン・ファナティックな皆さん、こんばんわ。
「リコピン」ってなんだか可愛いね!

そんなわけで、今日ご紹介するのは

eww341.jpg

「やさいしぼり トマトと香味野菜スープ仕立て」です。

私はトマトジュースが飲めません。
このあいだ「おとなになった今なら飲めるかも知れない」
と思い立ち、25年ぶりぐらいにトマトジュースを
口にしてみたんですが、ダメでした。途中でギブアップ。

だのに買ってしまった。なぜだ。なぜなんだ。
「ジュースはダメだが、きっとスープなら、
スープならなんとかしてくれる!!」
そんな期待感からかも知れません。


では、勇気を出してテイスティング。


ちびっ・・・ぐいっ・・・


・・・っ



ごめんなさい・・・やっぱりダメでした・・・。
3口でギブアップ。


ど、どうなんでしょう。
たぶんトマトジュースが好きな人の間では
好評なのかも知れません。

「スープ仕立て」ですが、
スープというほどに調理が
なされてるわけではないようで、
ベースのトマトジュースはそのままで、
それに煮込んだオニオン、セロリを
ブレンドした、という飲み物の模様。
正直なところトマトジュースに
玉ねぎとセロリをブチ込んでみた、という
チャレンジングな風味で、
トマトを煮込んでスープにした、という
ミネストローネ風を想像していると、
良かれ悪かれショックだと思います。


冷たいから違和感があるんじゃないか、
と思って温めて飲んでみたんですが、

これは明らかに冷たくして飲むのが前提ですね。
冷たいからこそ引き立つ塩味が、
温めるとおだやかになり過ぎてしまって
アンバランスな印象です。


結局、これは1/4も飲めずにギブアップです。
危険飲料といえますが、前にも少し書いたとおり、
野菜ジュースは「栄養」が第一で、
ただ口福を求めるのとは少々わけが違うので、
ノーカウント。



web拍手
posted by えり at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。