2010年06月10日

iTune


ノルウェーのアレクサンドリャの歌が頭にスタックして離れないので、
思わずiTune Storeでポチってしまった。

うーん。やっぱりこの歌はあの絵あってこそだなあ、
と思った。

MadoconのGlowも買ったが、これは聴いていると胸が熱くなる。

ギリシャのOpaもずっとスタックしているが
これは売ってない。あのPVはよく見るとすげえカッコイイ。



web拍手
posted by えり at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mellow Peach Tea

eww347.jpg


eww346.jpg


リプトンブランドは紅茶飲料界に
カロリーオフと人工甘味料を氾濫させる
巨悪の根源として個人的に忌み嫌っていたが、
これを飲んだら少し考えが改まった。

ちゃんと紅茶の味がするし、砂糖の力強い甘さもあるし、
ピーチ果汁のリッチさもある。

矢継ぎ早に投入されるリプトンの
●●ティーシリーズは、
フルーツフレーバーが紅茶の味を膨らませるというより、
原料のフルーツ固有のアクや臭みを消すため、
あるいは香料の安っぽさを誤魔化すために
調味として紅茶が用いられているような感じで、
本末転倒、紅茶を飲んでいるという感覚からはほど遠く、
どれもあまり好きになれなかった。
一度飲んだら、二度と飲むことはないような
ものばかりだった。

しかし、これだけは違う。
口に含んだ瞬間にスリランカの風景と
中国の仙人が嗜むという桃のイメージが
走馬灯のように頭を駆け巡って行った。
いつの日かもう一度味わいたい、と
思わされる魅力的なテイストだ。


まあ・・・いつものように
適当なことを言っているわけだが・・・


だが、これだけは信じてほしい。
こいつはあの変紅茶を出し続けるリプトン(森永)の
「ちょっとお高めのカップカフェラテが
コンビニで売れると言うなら俺たちもやる」
という気概の発露だ。十分手に取る価値はある。

ともかく、今後のシリーズに期待しよう!!


======


今日の二次元。
心が迷ったり、荒んだり、疲れたり、漂ったりしたら、
二次元に行こう。

eww348.jpg


なんとなくな感じで店頭で掴んで買ってきたが、
読了してみたら結構なごんだ気分に
浸れたので、続きを買ってこようと思う。



web拍手
posted by えり at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。