2010年08月16日

女子医大


 東京女子医大に診察受けに行ってきた。
予約してない、というか私の受診する科は
予約制ではないので、混雑を避けるため
朝一番、7:30に行った。

都営新宿の「曙橋」から歩いて行ったんだが、
これが遠いうえに、道がわかりづらくてまいった。

病院の中、これはどっかで見たような風景、
と思ったら、L4D2の最初のマップにそっくりだった。


受付して、順番待ち。
意外と待たされず、10時には診察を受けられた。
いつも行ってる市中病院は4時間とか5時間とか
待たされることも少なくないので、
あれっ、もう自分の番? みたいな。


お医者さんは良さげな人。
30分以上、これまでの経過とか今の状態とか聞いてもらえた。
血中のカリウム濃度はアホみたいに高いらしく、
入院まで絶対に「生野菜、果汁入りジュースはやめましょう」
と、釘をさされた。ジュース!! ドキー

ほんで入院決定。透析導入も決定。


入院予定日は今週中。いまベッドの調整をしてもらっている。

腹部エコー、レントゲン、血液、尿検査もした。
採血コーナー広すぎてびっくりした。
いっぺんに何人搾れるんだと。
ふだんいってるとこは、せいぜい2人までなのに。

すげえ立派な採血コーナーだったが、
注射は痛かった。


経験上、注射の際に言うセリフがかわいいナースの注射は痛い。

↑「ごめんね、ちくんとしますね」→超痛い
 「ごめんなさい、ちょっと痛いですよ」→痛い
 「では針刺しますね」→普通
 「痛いですよ」→痛くない
↓「がまんして」→全然痛くない

セリフの萌え度と痛みは比例しているのだ(ナースの第一法則)。
でも「ちくんと」って言われたらしょうがない。

あっでもキュートなナースに「がまんしろ」って叱咤されながら
さんざんな注射をされるのもまた一興かも知れん・・・



そんなこんなで、しばらく、エリは修理にいってきます。
たぶん入院先でもノートPCとe-mobileを使って
だらだらブログを更新したりはすると思いますけど。



web拍手
posted by えり at 15:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。