2010年02月09日

UBERDRINK

eww270.jpg


日本全国民中の屈指の精鋭である7173913人の埼玉県民の皆さま、
こんばんわ。今日もユーバードリンクアワーの時間がやってまいりました。

今日ご紹介するのは

eww168.jpg

「和歌山県産はっさく」です。
こらそこすぐ脊髄反射で「あばれはっさく」とか言わないように。
そして微妙なお年頃のご婦人は少しでもそれに反応しないように。


そういうわけでして、さっそくテイスティングに入りましょう。

ごくごく・・・。


・・・っ



うまい。



前回の「ナタデココみかん」と同じ、
埼玉県の飲料メーカー(?)「エルビー」さんの商品なんで
全然期待してなかったんですが、
正直、これはおいしいです。
ちゃんとはっさくしています。渋皮の厚い巨大系ミカン類特有の渋さが味わえます。
「夏ミカン」と言われたら夏ミカンだと思ってしまいそうですが、
「はっさく」と言われたら納得せざるをえないといわんとせんければなりません。

果汁は破格の20%入りです。しかもこの20%という数字は、
「よくある『10%』の倍だからリッチな感じだろ」というような、なんとなくな割合でなく、
これ以上果汁を増やすと「はっさく」独特の渋みが出すぎる、
これ以下に減らすと、「はっさく」どころか「夏ミカン」としてすら説得力が薄れる、
という絶妙なラインで、メーカーの開発者・テイスターの努力が伺える逸品です。
まあよく知らないので適当に言ってますけど。


とはいえ、はっさく果汁にコストがかかったのか、
ローカルメーカーにありがちなジャンクな安っぽい香料テイストから
完全には脱し切れてないような感じがし、
どことなく、キリッとしていない部分があります。
「Gokuri」シリーズのような切れ味に欠けるといえば月並みでしょう。
キレがないのに量が多いので途中で飽きる可能性もあります。

でもうまいです。これはぜひいちどお試しいただきたく存じます。


====


ちなみに先日ご紹介した「クッピーラムネ」。
パッケージに描かれている動物のどれが「クッピー」なのか
という疑問に私は夜も眠れませんでした。

そこで、独自に調査を行ったところ、
実はどれもが「クッピー」ではないという情報を手に入れました。
「クッピー」というのは動物キャラの名前ではないようなのです。

どういうことかといいますと、
商品開発初期においては、パッケージの図柄に熱帯魚のグッピーが採用されていて、
そこから「グッピーラムネ」となるはずだったところ、
「グッピー」より「クッピー」のほうがさわやかな語感だなあ、
ということで「クッピーラムネ」になったようです。
本当かデマかは謎ですので、謎が謎を呼んでまた今夜も眠れません。グー。



web拍手
posted by えり at 21:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わあ!エルピーだ。
僕の中では「秋の味覚 栗」が衝撃的でしたー

紙パック飲料はエルピーですねっっ
Posted by べ at 2010年02月10日 01:03
栗!!
再販希望!!!!!!
Posted by えり at 2010年02月10日 20:17
クッピーまさかでした‥
Posted by sat at 2010年05月21日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140684391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。