2010年02月18日

GRAPE

eww276.jpg

日本全国4096人の危険飲料ファンの皆さま、こんばんわ。
そうネタもないうえ、毎度やっつけになりがちな
「イブニング・ドリンク」の時間です。

今日ご紹介するのは


eww182.jpg


リプトン・グレープティーです。

レモンティーやアップルティーは知っていますが、
グレープティーとはいかに?

私の底が浅い上に淀んでいる知識の泉からトリビアを掘り出してみると、
確かフルーツティーというのは、フルーツ等香料のオイルをしみこませたり、
粉末や乾燥した果実片を混ぜたりした茶葉から、
風味を湯・水で抽出して味わう、というようなものだった気がしてならないのですが、

店頭で見かけたこの「グレープティー」には「果汁入り」の表示がされており、
ひょっとするとこれはただの「●●ジュースと混ぜてみた」的なドリンクなのでは?
と、危険アンテナが超反応。

私のアヤフヤな知識だけでは危険の根拠づけにならないので、
Googleをテキトーに使ってレシピ等を調べてみたんですが、
やはり「ただ混ぜる」みたいなことが書いてあり、
Jpじゃなくてcomのほうでググってみても、
「紅茶とグレープジュースを用意して混ぜる」というレシピが
トップに出てくるぐらいなので、たぶん伝統的なフレーバー紅茶ではないのではないかと思います。
うむ。だんだん危険な香りが強まってきました。


というようなことは置いておいて、テイスティング。

ごくごく。


・・・っ



ぶどうジュース?

まさにグレープジュースの紅茶割、といわんとせんければならないテイスト。
果汁の多いグレープジュースはそれなりに量を飲むと、
アクまみれで口の中が渋い様なくどい様な感じになる、
という欠点がありますが、これは紅茶のおかげでかなりスッキリと
グレープジュースの味を楽しめます。
しかし、紅茶のほうの味はグレープの影に隠れてしまっています。

非常に残念なのが、人工甘味料のだらしない甘さで、
どれだけ甘くても砂糖ほどに茶を支えるだけの力がないので、
グレープの味に茶が完全に負けてしまううえに、
妙な不自然さが残る味になっています。

紅茶飲料では砂糖が人工甘味料に置きかえられているだけで
テンションだだ下がりです。
お茶系は特別、人工甘味料の味が浮き彫りになってしまいやすく感じます。
何万倍甘かろうが、我々の科学ではまだ砂糖の味に勝てん!! という、
ただそんな無念の心もちに陥るだけです。
まったく、カロリーゼロの潮流は廃れてほしいです。

それはさておき、グレープと紅茶の組み合わせは
思っていたより悪くありません。
紅茶としてはグレープのフレーバーが強すぎて、邪道な趣がありますが、
別段紅茶として気取らずこだわらず、人工甘味料の味も現代の主流なんだからいた仕方なしとして、
全体的なバランスで評価すれば可でありましょう。
砂糖入りで勝負してほしいところです。



web拍手
posted by えり at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く危険飲料ファンではなかったのですが、影響されてしまい、紹介されていたメロン・オレにトライしました。すごく懐かしい味がしましたw

紅茶系で類似かもですが、ブルーベリーティー(1gのしか見たことない)などもお試しいただけたらと思います。私、紅茶大好きなんですが……これは……
Posted by らんらん at 2010年02月19日 19:49
>ブルーベリーティー(1gのしか見たことない)

発見しだい、鹵獲しテイスティングしたいと思います。
しかし1リットルて・・・
Posted by えり at 2010年02月19日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。