2010年02月24日

AMAO

eww279.jpg

日本全国の戦国ファンのみなさま、こんばんわ。
今日も「刮目!! 戦国ドリンク」の時間がやってきました。


きょうご紹介するのは


eww186.jpg

「THE PREMIUM CALPIS 季節限定 あまおう。」です。


プレミアムで絶妙となれば、もはやこれは飲まざるをえません。
では、さっそくティスティング。



ごくごく。


・・・っ



・・・!!


これは大変美味しいですね。
安っぽいいちご香料を用いたフレーバーとは一線を画しています。

いちごは鼻で香るだけなのと、口中で味わって鼻を通すのとでは
全然香気が違います。安い人工香料は前者しか表現できていません。
しかし、このPREMIUM CALPISは、果汁の使用により、
後者を見事に再現しているといえましょう。
あまつさえ、よく熟れた苺の、少しアルコールっぽい残り香さえも。

いちご香料、特に安いものには、もはや見た目が紅色や薄桃色である、
ということぐらいでしか、それがイチゴ味であるという見当をつけることができないものが
少なくはありません。「味」なのに見た目でしかわからないのです。
しかし、このCALPISは千人が千人、目隠ししても「イチゴである」と
答えることができるでしょう。
それほど明白で再現性の高いフレーバーです。

かように完成度の高いいちご味に加え、
カルピスが甘み、酸味、さわやかさを非常に良いバランスで補っています。
苺には砂糖や練乳がお定まりの付き物ですが、
カルピスはそれらでは味わえない独特の加味に成功しているとさえいえましょう。
素晴らしき出会いの物です。


総体的に言いますと、若干甘さが強くスイーツの趣ですが、
練乳をダラダラかけるよりは上品な味わいといえるでしょう。
甘いですがくどくないので、余程甘いものがムカつくという人でなければ、
宜しい具合と言えるかと存じます。



フルーティーさ、フレッシュさ、甘さ、のど越し、すべてにおいて
ほとんど不満がありません。敢えて言えば危険でないことが不満といえましょう。

これは今年今まで飲んだ中で、もっともすぐれたフレーバーと理解しました。
PREMIUMの名を冠するにふさわしい、大変素晴らしい飲料でございました。
これはリピートせんとしなければなりませんでしょう。ナイスリーダン。

gregory.jpg



web拍手
posted by えり at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142023292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。