2010年05月22日

Gokubita7

eww297.jpg

日本全国のビタミン野郎の皆さま、こんばんわ。

本日ご紹介するのは

eww298.jpg

「日清ヨーク ゴクビタ7」です。

先日、ピルクルに酵母が混入して騒ぎになってましたね。<日清ヨーク

「ゴクビタ7」には文字通りビタミンが7種入っていて、
B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸は一日必要量の50%
ビタミンCは一日必要量の300%、48mgも含まれています。
逆にこんなに入っていて大丈夫なのか、と思うぐらいです。

不安になったので、ちょっと調べてみたら
ビタミンCの半数致死量(その物質を投与すると50%が死ぬ量)は、
12000mg/kgでした。これはマウスの場合ですが、
それをヒトにそのまま適用すると、
体重60kgの人なら720gぐらい、
一気にビタミンCを取らないと死ねない計算になります。
ゴクビタ7でビタミンC過剰で死ぬには、
15000本飲まないと死ねません。
実際には含まれるナトリウムで致死に至るほうが早く、
それなら4000本くらいで死ねます。
正直なところ、毎秒5本ぐらいのペースで飲めば
胃が破裂するか水分過剰による低ナトリウム症で
もっと早く死ねるでしょう。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。


ではテイスティング。


ごくごく。


・・・っ


みなぎってこない・・・


味はアクエリアスにオレンジジュースを足して2で割ったような感じで、
かなり薄味です。パッケージの真っ黄色から、
オロナミンCやデカビタ、ライフガードのような風味を
予想していたのですが、ほとんどスポーツドリンクの味です。

まずくはなく、たしかにスポーツドリンクとして、
運動後にグーっと飲むには適しているかも知れません。

いっそ、強壮をうたうよりも、
果汁入りスポーツドリンクとして売り出した方が
よかろう、と思いました。

このパッケージと風味では、
「栄養をつけようと思ったら、なぜか水分補給をしていた・・・」
という気持ちにことになるでしょう。

ともかく、ビタミンは豊富です。
あと400年はやく発売されていたら、壊血病の特効薬として
大ブームになったかも知れません。


余談ですが、WW1,2でドイツ兵を「キャベツ野郎」と罵っていたのは、
WW2時代になっても、海軍のビタミン補給を柑橘果汁に頼らず、
ザワークラウト(キャベツの漬物)を使っていたから、
というところからきているみたいです。へー。




web拍手
posted by えり at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。