2010年06月28日

InRed


妹から女性ファッション誌をもらう。

姉CANがないぞ? と聞いたら
「姉CANはもう無理・・・」とつぶやいていた。

その代わり、InRed率が増えていたので、
察した。


女性ファッション誌を見るのは楽しい。

男性誌は、ただ露出度が高いだけだったり、
いつもお定まりの水着ばっかりだったり、
とりあえず制服だったりして、
まあそれはやぶさかではないのだが、
女の子の写真がだいたいワンパターンで、
似たりよったりで飽きてくる。
エロスパワー頼りに、とりあえず脱いでるだけで
可愛くもなんともない、と思う記事も少なくない。

エロさなどはもはや余計で、
ただ本当に可愛いものが見たいんだ!
という変な悟りの境地に達したおじさんにとって、
男性誌はJunkyardのようである。


そこにいくと女性ファッション誌は
誰のどの写真を見ても奇麗だし、
おべべのバリエーションは多彩だし
紙面デザインはカッチョいいし
エロスに依存しないGenuineなCutenessがある。

ああ、なんて癒されるんだ。


というようなことを、いつだったか職場で発言したら
「う・・・うん・・・そうだね・・・」
みたいな微妙な空気になったのであった。



web拍手
posted by えり at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154783106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。