2010年08月23日

DAY1

Day 1 PM


今日は

・血液検査
・動脈血採血
・胸部・腹部レントゲン撮影
・心電図

を行った。

血液は試験管に10本以上も採られた。
これだけ血液を採られたことはなく、
採血後にふらふらになった。

動脈血の採血もやった。
足の付け根の動脈に注射器を刺して
動脈血を採るという阿鼻叫喚、想像するだけで痛い検査。
でも、実際にやってみたら注射自体は痛くなかった。
注射後、数時間のあいだ筋肉痛状のひきつった痛みが起こるが、
痛くて気になって仕方がないというほどではない。

あと血糖値も耳たぶから測るヤツでは初めて測った。
痛みどころか、まったく感触のない検査であった。

夜の検温でなぜか37.1度の発熱。


ばんごはん↓

twm003.jpg

・謎肉のカツ煮様の何か
・切干大根(味なし)
・玉ねぎの味噌汁
・フルーツ缶


「謎肉のカツ煮」は、得体のしれない
未知の素材でできている料理で、
見た目は普通の肉様に成形されているものの、
食味は肉のそれからは程遠いフィーリングで困惑である。

材料の正体が知りたいが、味がかなり薄いのでよくわからない。
テクスチャーから推測すると、少量のひき肉に、トーフか魚の白身のペーストを
混ぜたものが素材なのではないだろうか。


「切干大根」においては、
大根は栄養価が低いし、味はほとんど無味同然で、
いったい何のためにこんな食べ物があるのか
とうてい理解ができない、という心持ちである。

味噌汁は想像していたよりもマトモな味だった。
しかし、塩分制限のない健常者が食べたら涙するような味で
あることには変わりはない。


フルーツ缶が一番幸せな味だ。
これとマヨネーズだけは、市販のものとほとんど同じ味である。



web拍手
posted by えり at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。