2010年08月31日

091109

よりぬきえりちゃん 2009年11月9日
「Modern Mervels」


大英科学博物館百周年記念、科学史上重大な10の発明



1位 レントゲン (体内の透視)

さらなる将来像→
・今日では私たちの身体の中を見ることができるのと同様に、心の中を見ることができる画像装置があります。将来、脳スキャナが私たちが見た夢を記録してくれたり、私たちが今まさに考えていることを、思考するより先に見破ったりするかも知れません。


2位 ペニシリン (抗生物質)

さらなる将来像→
・多くの科学者が幹細胞治療が将来、薬にとって代わると信じています。幹細胞は身体のどの部分の細胞にも成長可能です。筋肉、神経、血液細胞・・・複雑な臓器でさえ可能と思われます。


3位 DNAの解明 (遺伝の仕組み・生命の設計図)

さらなる将来像→
・将来は、DNAを操作してまったく新しい生命体をデザインできるようになると思われます。科学者はすでに微生物では成功しており、今後バイオ燃料や新薬の開発、環境の浄化にも応用されるでしょう。



以下順位不明



・ACEコンピュータ。(電算機の登場。イギリスの60年前の最速真空管コンピュータ1Mhz)
さらなる将来像→
・将来は、量子コンピュータと呼ばれる新しいタイプのコンピュータが、信じられないほどの計算能力を私たちにもたらすでしょう。もしこのコンピュータが開発されれば、あらゆる解読不能の暗号がクラックされ、そして、私たちの生活を一変させてしまう発見が導かれることでしょう。


・アポロ10号のカプセル(有人機最速記録)
さらなる将来像→
・科学者は月面着陸を恋しがっていますが、私たちは月以外ではどこへ向かうべきでしょうか? 人々は火星有人探査について何年も語ってきましたが、専門家は小惑星への着陸を次の駅として考えています。


・V2ロケット(世界初弾道ミサイル・宇宙への足掛かりの基礎)
さらなる将来像→
・ロケットは信じられないほど高額です。庶民は宇宙には行けないのでしょうか? ひとつのアイディアとして、軌道エレベータがあります。エレベータは超強力なケーブルによって上下が可能で、地表と軌道上の宇宙ステーションを行き来できるでしょう。


・FordモデルT(大量生産)
さらなる将来像→
・大量生産は今日においても大変重要です。しかし、将来はどうなるのでしょう? 生産は、工場ではなく、家で「3Dプリンター」を使って行うようになるかも知れません。20年のうちに、私たちは新しいデジカメを注文する代わり、デザインをダウンロードして自分で「プリント」するようになるかも知れません。



・電信(情報伝達速度の革命)

さらなる将来像→
・インターネットは私たちの生活を抜本的に変化させました。しかし、世界の3/4の人たちはいまだオンラインではありません。皆がいつでもどこでもモバイルインターネットを利用できる、そんな未来を想像してみてネ


・ロケット号(世界初の旅客鉄道)
さらなる将来像→
・未来の旅行はどうなるのでしょう? ひとつのアイディアとして、カプセルカーがあります。世界中の都市をチューブでつないで、その中を個人用カプセルカーがノンストップで目的地まで滑走するのです。渋滞も公害もぐっと少なくなるでしょう。


・蒸気機関(産業革命の到来)
さらなる将来像→
・二酸化炭素を排出しないエネルギー源が理想。風力、波力、太陽エネルギーが重要です。しかし、もし科学者たちが核融合 −太陽や星のエネルギー源− に成功したら? 私たちはクリーンなエネルギーをほぼ無限に手にできるでしょう。



パイプの中をカプセルがギュンギュンっていつ実現するんだろう。
実験の短区間なやつはTVで見たことあるけど・・・。

街じゅうチューブだらけの未来図は確かに夢があり、
生きているうちに見てみたいもののひとつだと思う。

でももし、世界中が全部つながる前にうっかり「どこでもドア」とか出来ちゃったら
建設中のパイプは全部ショボーンだよね・・・コラーそんなこといっちゃらめぇぇぇ



web拍手
posted by えり at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。