2010年09月19日

ストレス


まあしかし、判別がつかず「精神的な影響で」とか
言われるよりかはナンボかマシである。

私に限ってストレスや環境の変化など、
精神的な影響で「痛み」や「不調」を
感じるということはない。

私は、よほどの窮地に追いつめられない限り対応可能な、
精神的なダメージを回復するあらゆる手段を備えている。
豊富多彩多様な趣味によって、どういう方向から負荷が
かかったとしても、多くの場合発散が可能。
そのうえ、まず、日常生活において
ストレスを自覚すること自体がほとんどない。

病院生活においても家でやってることと
ほとんど変わらないHENTAIライフをエンジョイしているわけで、
おおむねノーストレスである。


自分でそう思っているだけで「実は打たれ弱い」
ということもありうると思って、
一時ルボックスという高うつ剤を使ったこともあるが
何ら効果がなく、薬を使わなくても
テンションが高いことが確認されただけであった。


まあ、ともかく、だから、症状を訴えて、
「それは精神的な影響からくるものかも・・・」
とか言われると、憤慨する。




web拍手
posted by えり at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。