2010年10月17日

080106

よりぬきえりちゃん 08年1月6日



ちょっと調べ物をしに語源由来辞典というサイトを覗いたら、

そこの月間検索ワードのトップが「おっぱい」だった。

けしからん!! 
語源を探るというのは日本の文化のなりたちも探るということである!!
面白半分に自分の大好きな単語を入力してみる輩のいかに多いことか!!

まったく!!

まったく・・・


語源「おっぱい」

おっぱいの語源は、以下の通り諸説ある。
1.「ををうまい(おおうまい)」が約まったとする説。
2.「お腹一杯」の「いっぱい」が転じたとする説。
3.中国春秋時代の学者王牌(おうぱい)が転じたとする説。
4.古代朝鮮語で「吸うもの」を意味する「パイ」からとする説。
「1」の説は1859-60年の『於路加於比(おろかおい)』によるもので、
おっぱいの意味が書かれた最も古い文献のため有力とされ、
その次に「2」の説が有力とされる。
「3」の説はおっぱいとの関連性が薄いため、音から考えられた俗説であろう。
「4」の説は意味の面では通じるが、古代朝鮮語が突如近世に現れ、
幼児語として用いられるようになった点が不自然である。


「ををうまい」がもっとも有力というのもにわかに信じがたいが・・・
乳児が「ををうまい」といってオッパイを吸うというのは想像しがたいからだ。

おっさんがおっぱいを吸ったら「ををうまい」という心持になったから、
というのが由来ならば、それは仕方がない。




web拍手
posted by えり at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。