2010年10月30日

低血圧


最近は低血圧に悩まされている。
つい最近まで、余分な水分でパンパンだった血管から
透析で水分をむりやり除去した結果である。
保存期のときは上160〜180、という高血圧がザラだったが、
今は逆に90、低い時は70台という低血圧であり、
そのギャップに身体がついていけないのだろう。

朝が最高につらく、血圧がある程度上がるまでだるだる。
睡眠は常に7時間以上取っているが、
それでも寝起きは眠くてたまらない。

そんだわけで薬が少し変更になった。
オルメテック→中止
アテレック→半分
マイスリー→レンドルミン


透析装置を見ていると、誰がこんな複雑なものを
考え出したのか、と思う。
ちょっと調べてみると、透析の歴史はおよそ100年で、
最初はウサギの血液で実験が行われたようだ。
その後、朝鮮戦争のとき(1950年ごろ)に、
挫滅症候群により急性じん不全に陥った兵士を救うために
行われたのが発展のきっかけらしい。



web拍手
posted by えり at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167647282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。